2022年04月22日

口淫(オーラルセックス)


古代インドでは、オーラルセックス、フェラチオについては、否定的なイメージがあったようで、まずは宦官の行為として説明されている。

ただ、様々な図解や彫刻郡をみると、オーラルセックス、フェラチオはかなりに日常的に行われていたみたいだが、古代インドの衛生事情などを勘案すると、当然オーラルセックスが不浄の行為と見なされていたのは理解できる。

ちなみに「カーマ・スートラ」では、オーラルセックス、フェラチオは、次の八通りに分類される。
  • 愛撫・・・手でペニスを持ち、両唇で咥えて、顔をふるわせる。
  • 側咬・・・手でペニスの尖端にかぶせて、側面を両唇ではさみつける。
  • 外圧・・・唇を閉じたままペニスの尖端に押し付ける。
  • 内圧・・・さらに、ペニスを少し口内に入れ、その尖端を両唇でしめつける。
  • 接吻・・・ペニスを手で持ち、あたかも相手の唇にキスするかのように行う。
  • 摩擦・・・接吻をして、舌の尖端でペニスを刺激する。
  • マンゴー吸い・・・ペニスを半分ほど咥えて、激しく吸っては離す。
  • 丸呑み・・・ペニスをすっかり口の中に含みこみ、射精に至るまで吸う。


リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。