2027年05月22日

性生活における男女同権


「カーマ・スートラ」では、明らかに女性を対象にしたアドバイスも少なくない。つまり、「カーマ・スートラ」のエロティシズムのもう一つの側面は、性生活における主体としての女性の役割の認知であり、女性は男性の欲望の一方的な受け手として存在しているのわけではないと強調している。




リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。