2029年05月10日

バートン版 カーマ・スートラ ヴァーツヤーヤナ(著), 大場正史(翻訳)

出版社/著者からの内容紹介
愛と性の深淵を丹念に、かつ実践的に探求した古代インドの愛の教典『カーマ・スートラ』。それは、二千年の時を経てもなお、すべての男女にエロスの神秘を伝え続ける不朽不滅の古典である。

内容(「BOOK」データベースより)
“カーマ”は愛、“スートラ”は教え。カーマ・スートラは愛と性の深淵を丹念にかつ実践的に探求した、古代インドの愛の教典である。二千年の時を経てもなお、すべての男女にエロスの神秘を伝えつづける不朽不滅の古典。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。