2029年12月30日

古代インド性典〜カーマ・スートラ

「カーマ」は愛、「スートラ」は教えを意味する。古代インドにマッラナーガ・ヴァーツヤーヤナによって書かれた、「愛の格言集」とも呼ばれる、現代にも通じる性愛の教典。古代インドの愛の経典で1-6世紀頃の作品と言われており、『アナンガ・ランガ』『ラティラハスヤ』と並んでインド3大性典のひとつとされる。正式なタイトルは『ヴァーツヤーヤナ・カーマ・スートラ』となる。




リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。